竪小路

HOME >> 特定地域|竪小路界隈図作製及び町並み保存活用啓発事業

竪小路界隈まちなみ情報募集

 まっすぐ伸びて、沿道には大内氏館跡や山口ふるさと伝承総合センター、八坂神社など。
 「竪小路」は山口市の歴史のなかで、時代ごとに大事な役割を担いつつ、その姿を変えてきました。
 明治から戦後にかけてもメインストリートとして店が立ちならび、とてもにぎわっていたそうです。

 まだ貨物自動車のなかった時代、馬車で運び出しているのは醤油樽。
 山口が市制施行された昭和4年頃、竪小路から入った錦小路の様子です。

(写真=山口市歴史民俗資料館蔵)

 今でいうと、このあたりでしょうか?
 竪小路寄りにはかつて山口のランドマークともいうべき醤油店の煙突があり、ご年輩の方々が懐かしく思い出されます。



 こちらは明治の末、八坂神社・築山神社がある一帯です。
 大内氏遺跡「築山跡」の築地からのびていた松を北側からうつした写真です。
 江戸時代は、このあたりの光景が、訪れた旅人に大内氏館跡の所在を告げていたようです。

(写真=山口市歴史民俗資料館蔵)


 あの松は枯れてしまいました。





 この3階建の洋館は、明治初めに建てられ、菜香亭と同じころ洋食を始めたと思われる「藤六旅館」です。
 昭和30年代頃でしょうか、1階には串かつ食堂が。

(写真=山口市歴史民俗資料館蔵)







 いまその場所は県道204号線(旧国道9号線)が通っています。




 変わりつづける無常の世を実感・・・

 変わり果てたなかに、それでもなお昔日の面影をとどめ、歴史の証人として日常利用する人や観光で訪れる人に歴史の「往還」を伝えています。

 かつて町屋が軒を連ね、にぎわいに溢れていたころの「竪小路」はどんなまちだったのでしょうか・・・?





 中也や礒多、山頭火も歩いた往年の「竪小路」の町並みの様子を記録・復元し、まちづくりへの活用を図る「竪小路界隈図」の作製を進めており、資料や情報をあつめています。
 現在と幕末維新とをつなぐ時代の、この界隈で人びとが過ごした時間にふれ、失われていたまちの記憶をよみがえらせるチャンスかもしれません。

 昭和初期の竪小路町(当時)の様子です。このような写真や資料がお手元にありませんか?
(写真=山口市歴史民俗資料館蔵)



         (いまは堂の前町)




■ 募集内容

 竪小路界隈(竪小路および周辺地域)のむかしの町並みに関する資料(写真・地図・絵葉書など)や情報(店の名前・場所・取扱品、建物の様子・高さ・間口、エピソードなど)

※特に昭和10年代の下竪小路に関する資料・情報を重点的に集めていますが、50年代にもまだかなり町家が残っており、その頃の写真も貴重な手がかりです。

■ 応募要領

・資料は一時的にお預かりし、デジタル保存させていただき、作業終了後速やかに返却いたします。

・応募いただいた方には成果品「竪小路界隈図」を進呈いたします。

・応募期間は平成24年12月21日(金)まで。

■ 応募・問合せ先

 竪小路界隈図実行委員会
(山口市大殿大路135-2 ほたる工房内)
 TEL: 083−995−3773
 E-mail: tatekojizu@gmail.com


※募集は終了しました。ご応募有難う御座いました。

報告会・シンポジウムの様子はこちらで紹介しています。
イベント開催報告「山口竪小路界隈図完成報告会・シンポジウム」

 

◎竪小路界隈図作製及び町並み保存活用啓発事業について


■ 趣旨・目的

 山口市中心市街地の「竪小路」地区は、中世は大内氏館に面した主要道として祇園会の巡行ルートともなり、江戸時代は参勤交代のためのお成り道「萩往還」として、山陰と山陽を結ぶ重要な交通路となり、幕末には志士たちが往来しました。近代から戦後にかけてもメインストリートとして店が立ちならび、にぎわいました。現在では住民の高齢化、空洞化が進み、歴史的町並みとしての姿が次第に失われつつある一方で、文化財等の歴史資源が多く残り、経済・文化等への波及効果が期待できる地域として山口市が位置付けている「大内文化特定地域」の中核的な地域にあたります。祇園祭や天神祭の行列は歴史的主要道としての姿を彷彿とさせ、かつて竪小路を美しく灯した「ちょうちん祭り」も地域の取り組みにより「つながる大殿七夕ちょうちん」として甦っています。

 いまも往年の面影を残す竪小路は、歴史の証人として、日々生活に利用する人や観光で訪れる人に歴史の「往還」を伝えています。

 山口にとって大切な道「竪小路」の記憶――町屋が軒を連ね、にぎわいに溢れていた時代の記憶を集め、再現した地図を作製することにより、記録にとどめ後世に伝え、旧市街地における交流の促進を通して町への愛着を深めるとともに、観光利用等による地域活性化、町並み景観の保存・活用への啓発につなげることを目的とします。

■ 実施期間

平成24年 6月 1日  〜  平成25年 3月31日

■ 主催

竪小路界隈図実行委員会

※この事業は宝くじの助成を受け、山口市補助事業(大内文化特定地域活性化事業)として実施しています。



  

HOME >> 竪小路 | ↑ このページのトップに戻る |