大内文化について

HOME >> 大内文化の地域資源 >> 第4回 梅峯の滝

大内氏概略

第4回 梅峯の滝

山口県庁から五十鈴ダムへ向かう道の途中に、梅峯の滝入口があります。高嶺城跡がある鴻峰の北東側に位置します。

入口より倒木を越えながらしばらく歩くと滝があります。夏でも訪れる人の少ない隠れた名所となっています。

大内氏時代、ここら一帯には法泉寺という寺がありました。この梅峯の滝は、法泉寺の滝ともいい、大内氏や毛利氏が涼みに来たこともある由緒ある滝です。

(現在、こちらの滝は見学できません)


梅峯の滝入口にある看板

滝からの清流な流れ

HOME | ↑ このページのトップに戻る |