大内文化について

HOME >> 大内文化の地域資源 >> 第5回 山口三名水

大内氏概略

第5回 山口三名水

京都には、醒ヶ井の水、県井の水、染井の水と、狂言にも出てくる昔から有名な三名水があります。

山口でも大内氏の時代より山口三名水といわれるものがありました。朧の清水、藤の水、柳の水がそれです。

朧の清水は、山口市中央5丁目にあります。夏は水が湧きでますが冬は枯れています。藤の水は、山口市道場門前1丁目の一の坂川沿いに記念碑があります。柳の水は、五十鈴ダムを越えて民家の耕作地のなかにあります。いまでも飲める唯一の三名水です。


清水は県道沿いにあります

寒気の朧の清水

藤の水

柳の水

HOME | ↑ このページのトップに戻る |