大内文化について

HOME >> 大内文化の地域資源 >> 第10回 大内義長裁許状碑

大内氏概略

第11回 サビエル記念公園

「フランシスコ・サビエル(一五〇六〜一五五二)は天文十八年(一五四九)に、キリスト教を布教するために鹿児島に上陸、天文十九年(一五五〇)十一月、京都へ向かったが、戦乱で乱れていたため、天文二十年(一五五一)四月、政情の安定した山口に再び訪れ、大内義隆に布教の許しを願いでました。義隆は許可を与え、サビエルの住居に廃寺であった大道寺を与えました。ここを宿所として、サビエルは毎日街に出て布教に当たっていたといわれています。
 明治二十二年(一八八九)フランス人アマトリウス・ビリヨン神父は、山口におけるサビエルの遺跡、特に大道寺跡について探求し、現在の公園の地をその跡と考え、有志の協力で土地を買い求めました。現在の山口市湯田温泉に生まれ、文学史上に大きな足跡を残した近代詩人中原中也の祖父で、医師中原政熊もその一人でした。
 そして大正十五年(一九二六)十月十六日、高さ十メートルにも及ぶ花崗岩にサビエルの肖像をはめ込んだサビエル記念碑が建立されました。
 しかし、この碑のサビエル肖像の銅板は、第二次世界大戦中に供出されました。現在の肖像は、昭和二十四年(一九四九)サビエル来山四百年記念祭を期し、サビエル遺跡顕彰委員会より委嘱された彫刻家河内山賢祐氏により作成されたものです。」
 ※併設看板より

 


石碑に彫られている字は、市出身の俳人・兼ア地橙孫によるものです。

山口赤十字病院と仁壁神社のあいだ、石州街道沿いにある石碑が公園への目印です。

園内にあるビリヨン神父の胸像です。平生町出身の彫刻家河内山賢祐制作。

聖サビエル記念碑です。背景の茶色い屋根は陸上自衛隊山口駐屯地の施設です。

聖サビエル記念碑正面。

サビエル像。河内山賢祐については山口市小郡文化資料館に常設コーナーがあります。また湯田温泉の井上公園にある井上馨像も同氏の作品です。

聖サビエル記念碑の裏に彫られてある文字は下記の通りです。

「大正十三年十二月起工
 
聖師渡来四百年
祭にあたり羅馬法王
特使ギルロイ枢機卿
により序幕復興す
 昭和二十四年六月二日
 一五四九年渡来
 一五五〇年来山
ザビエル遺蹟顕彰委員會
  委員長
        田中龍夫
  山口県知事
     地橙孫 兼ア理蔵書
彫刻鋳製 河内山賢祐

石匠大阪天満 平清
   彫刻主任 出口福松」

 また、園内には大内義長の裁許状の石碑もあります。  

大内義長の裁許状
「天文二十年(一五五一)九月サビエルは弟子トルレスらに後事を託し九州へ去りました。その後陶氏の乱が起こり大内義隆は討死しました。陶晴賢が大友義鎮の弟をむかえ大内義長と名のらせて大内家を継がせました。
 この碑は、大内義長がトルレスに寺院建立の許可を与えた書状を銅板にしてつくられたものです。 」
 ※併設看板より

HOME | ↑ このページのトップに戻る |