大内文化の遺産

エリア:ここからグローバルメニュー

山口に華開いた大内文化の遺産
 
    
 

エリア:ここから本文

トップ大内文化の遺産マップ>八坂神社本殿

八坂神社本殿
この文化財の要素 京都的要素 大陸的要素 独自の要素

八坂神社本殿
八坂神社 本殿
 大内弘世が正平24年(1369)に京都から勧請したものと伝えられています。現在の本殿は永正17年(1520)に建立されたもので、屋根は檜皮葺で蟇股[かえるまた]に独特の様式が見られます。
 祭礼は「山口祇園会」とも称し、延徳4年(1492)にはすでに大がかりでにぎやかな祭りとなっていました。7月20日の「御神幸」に先立ち、県指定無形民俗文化財の「鷺の舞」が奉納されます。

八坂神社全景
県指定無形民族文化財「鷺の舞」
八坂神社全景
県指定無形民俗文化財「鷺の舞」

八坂神社本殿の詳細データ
所在地
山口県山口市上竪小路 アクセスマップ
アクセス
JR山口線山口駅から…車約5分
駐車場
あり