大内文化の遺産

エリア:ここからグローバルメニュー

山口に華開いた大内文化の遺産
 
    
 

エリア:ここから本文

トップ大内文化の遺産マップ>古熊神社(本殿・拝殿)

古熊神社(本殿・拝殿)
この文化財の要素 京都的要素 大陸的要素 独自の要素

古熊神社 文中2年(1373)に大内弘世が京都の北野天神を勧請し、北野小路に鎮座していたものを元和4年(1618)に毛利氏が現在地へ移築したと伝えられています。
 社殿は室町時代中期に建立されたもので、屋根は楼門と共に檜皮葺であり、蟇股に独特の様式が見られます。
 拝殿は室町時代後期の建造で、前方に向拝が付いています。今八幡宮の楼門と同様、大内氏の領国に独特な楼拝殿造りですが、それよりも小規模であり、また両翼の妻側に昇階段を付けているなどの違いがあります。

古熊神社 拝殿
古熊神社 拝殿
古熊神社 拝殿
古熊神社 本殿

古熊神社(本殿・拝殿)の詳細データ
所在地
山口県山口市古熊1-10-3 アクセスマップ
アクセス
JR山口線山口駅から…車約3分
駐車場
あり