大内文化の遺産

エリア:ここからグローバルメニュー

山口に華開いた大内文化の遺産
 
    
 

エリア:ここから本文

トップ大内文化の遺産マップ>山口十境(象峯積雪)

山口十境(象峯積雪)
この文化財の要素 京都的要素 大陸的要素 独自の要素

象峯積雪 日本を訪れた明使趙秩は、文中元(1372)年冬から翌年10月にかけて山口を訪れ、その景観を十境として漢詩に詠みこみました。現在も当時の景観をしのぶことができる場所が残されています。

「象峯積雪(象峰の積雪)」
夜來積雪象頭峯
(夜來の積雪、象頭の峰)[やらいのせきせつ、ぞうずのみね]
老却溪山變玉龍
(老却したる溪山、玉龍に変ず)[ろうきゃくしたるけいざん、ぎょくりゅうにへんず]
便欲乘龍朝帝闕
(便ち龍に乗り帝闕に朝せんと欲す)[すなわちりゅうにのりてていけつにちょうせんとほっす]
瑤階瓊宇更重重
(瑤階瓊宇、更に重重 )[ようかいけいう、さらにちょうちょう]

位置図はこちら