大内文化の遺産

エリア:ここからグローバルメニュー

山口に華開いた大内文化の遺産
 
    
 

エリア:ここから本文

トップ大内文化の遺産>山口十境(氷上滌暑)

山口十境(氷上滌暑)
この文化財の要素(別ウィンドウが開きます) 京都的要素 大陸的要素 独自の要素

山口十境(氷上滌暑) 日本を訪れた明使趙秩は、文中元(1372)年冬から翌年10月にかけて山口を訪れ、その景観を十境として漢詩に詠みこみました。現在も当時の景観をしのぶことができる場所が残されています。

「氷上滌暑(氷上に暑を滌く)」
光凝山罅銀千疊
(光は山罅に凝れり、銀千畳)[ひかりはさんかにこれり、ぎんせんじょう]
寒色C人絶欝蒸
(寒色は人を清やかにして、欝蒸を絶つ)[かんしょくはひとをすずやかにして、うつじょうをたつ]
異國更無河朔飮
(異国には、更に無し、河朔の飲)[いこくには、さらになし、かさくのいん]
煩襟毎憶玉稜層
(煩襟には、毎に憶ふ、玉稜層 )[はんきんには、つねにおもふ、ぎょくりょうそう]

位置図はこちら