大内文化の遺産

エリア:ここからグローバルメニュー

山口に華開いた大内文化の遺産
 
    
 

エリア:ここから本文

トップ大内文化の遺産マップ>洞春寺(観音堂・山門)

洞春寺(観音堂・山門)
この文化財の要素 京都的要素 大陸的要素 独自の要素

 永享2(1430)年に大内持盛を開基とし創建された観音寺の仏殿です。幕末に寺は衰退しましたが、仏殿のみ大正4(1915)年に現在地へ移築されました。正面は桟唐戸[さんからと]、左右に花頭窓[かとうまど]があり、虹梁[こうりょう]に独特の様式が見られます。
 室町時代中期に大内盛見が建立した国清寺の山門とされ、屋根は檜皮葺です。垂木、妻の板蟇股[いたかえるまた]などは禅風山門の特色をよくあらわしています。国清寺には、大内氏により朝鮮王朝から輸入した大蔵経が納められていました。旧境内地には、それを納めた輪蔵の礎石が残されています。

五重塔内部から臨む景色
塔内の芯柱
洞春寺 観音堂
洞春寺 山門

洞春寺(観音堂・山門)の詳細データ
所在地
山口県山口市水の上町5-27 アクセスマップ
アクセス
JR山口線山口駅から…車約6分
駐車場
なし