大内文化の遺産

エリア:ここからグローバルメニュー

山口に華開いた大内文化の遺産
 
    
 

エリア:ここから本文

トップ大内文化の遺産マップ>常栄寺 庭園

常栄寺 庭園
この文化財の要素 京都的要素 大陸的要素 独自の要素

 室町時代を代表する庭園で、元禄14(1701)年の「闢雲志[とううんし]」に雪舟が作庭と記されています。常栄寺の境内は妙喜寺の故地であり、妙喜寺[みょうきじ]は大内政弘の母の菩提寺でもあります。
 大正15(1926)年2月24日に指定された後、昭和34(1962)年11月10日には庭園の背景となる山麓が追加指定されました。

雪景色の庭園
ライトアップされた庭園(期間限定)
雪景色の庭園

 
ライトアップされた庭園(期間限定)

常栄寺庭園の詳細データ
所在地
山口県山口市宮野下2001-1 アクセスマップ
アクセス
JR山口線山口駅から…車約10分
駐車場
あり
時間/料金
8:00〜17:00(年中無休)/大人:300円、中・高生:200円、小学生:100円(30名以上は団体割引あり)