山口春歌

春は土と草とに新しい汗をかゝせる。
その汗を乾かさうと、雲雀は空に隲る。
瓦屋根今朝不平がない、
長い校舎から合唱は空にあがる。

あゝ、しづかだしづかだ。
めぐり来た、これが今年の私の春だ。
・・・・・・       (春)


 山口市出身の中原中也が、山口の春を歌ったものです。
 春の山口は歌心をさそう何かが香の中にひそんでいます。
 春の山口で、あなただけの春の歌をつくってみませんか。









※ブラウザの前の皆様へ
これから始まる画像は映画の気分でご覧下さい。
大内文化特定地域内の桜を紹介します。

時間は約5分ほどあります。

フラッシュがご覧なられない方は、
こちらからダウンロード願います。


山口春歌
山口夏詩
山口秋唄
山口冬詠
TOP