山口夏詩

青い空は動かない、       
雲片一つあるでない。      

  夏の真昼の静かには      

  タールの光も清くなる。     


夏の空には何かがある、    

いぢらしく思はせる何かがある、

  焦げて図太い向日葵が    

  田舎の駅には咲いてゐる。  

・・・・・・   (夏の日の歌)


 山口市出身の中原中也が、山口の夏を歌ったものです。
 夏の山口は詩情をさそう何かが光の中にひそんでいます。
 夏の山口を訪れて、あなたならではの夏の詩を書いてみませんか。









※ブラウザの前の皆様へ
これから始まる画像は映画の気分でご覧下さい。
7月20日の山口祇園祭から、
8月7日の山口七夕ちょうちん祭りまで、
山口のおばあちゃん家に遊びに来た
こどもが見た夏の風景という設定です。
また、お好みの夏の音楽をかけながら
ご覧になられるとより一層臨場感がますとおもいます。

時間は約9分ほどあります。
(画像は2006年撮影)

フラッシュがご覧なられない方は、
こちらからダウンロード願います。


山口春歌
山口夏詩
山口秋唄
山口冬詠
TOP