「大内文化まちづくり」の基本理念

HOME >> 発掘調査現地説明会

龍福寺本堂見学

■ 龍福寺本堂保存修理現場公開

1月19日・20日と文化庁主催で「文化財建造物保存修理公開・展示事業〜龍福寺本堂解体修理現場」が開催されました。
これは文化庁が行っている国指定文化財「龍福寺本堂」の解体修理の現場をひろく一般に公開し、解体修理について理解を深めて頂く企画です。

 龍福寺本堂は平成17年7月1日から平成21年12月31日まで全解体修理が行われています。
 このたび、その解体修理の様子が2日間にわたって公開されました。
 さらに各日3回、解説付き案内で現場を見て歩くこともできました。

 

 

 

 

 

 また当日は、ちょうな、やりかんな、檜皮葺の実演や体験もありました。

HOME | ↑ このページのトップに戻る |